So-net無料ブログ作成
検索選択

株価動向が主な判断材料となりそう [FX]

午後は株安不安や原油などリソース価格が暴落したことを受けて危険許容度が大きく後退したことを背景に、高危険通貨ペア・リソース国通貨ペアが相当に下降し、対スイスフランも週初めの12円台前半から金曜日には11.15円近辺までほぼ一本調子の下降となった。今週は米主要会社の決算発表本格化で株式マーケットのボラティリティ上昇が見込まれることに加えて、CFTCの持ち高規制を嫌って商品マーケットは一段の下降が予測されることから、対スイスフランは上値の重い状況となりそうだ。テクニカル的にも11.45円を下回ったことで下値を切り上げてきた1月以来の上昇パターンが崩れており、調整局面入りの可能性が高まっているだろう。

午後は信用不安の後退や危険許容度の復旧を受けて堅実な動きとなり、対スイスフランでは13.95円近辺と2月28日以来の水準を復旧した。年初来底値11.50円からすでに2割以上上昇しており、上昇トレンドが定着したと見てよさそうだ。また、米市況復旧予測が高まれば国際商品価格の上昇に対する予測からリソース国通貨ペアには有利な状況となろう。

興国準備銀行(SARB)は政治対策利息を0.5%引き上げ9.5%としたが、株価が下降したことから逆に米スイスフラン売りとなり、一時16.55円近辺まで下降した。今週は大きな経済指標やイベントもなく、株価動向が主な判断材料となりそうだが、もし連鎖的株安が回避され、危険許容度に大きなダメージがないことが確認できれば、9%の利息差は魅力的である。3月の底値15.30円から5月の高値17.55円の半値押しに当たる、16.40円近辺までロング下がってみるのも一考か。


タグ:株価
nice!(0) 
共通テーマ:マネー

ユーロは再度売り上昇圧力が強まる [FX]

スイスフランは今朝から窓を空けてのスタートとなるとあっという間に底値まで降下しました。


とはいえ、抵抗線でちょっとはベクトルを見せるかと思ったのですが、抜けてからの淀みは、予測よりすぐに抜けました。


それで、上昇圧力が厚い中での安易な長期売買は利益が出やすいので短期売買に鞍替えしました。


結局のところポジション解消の雰囲気が強くなっていることは確実で、ユーロは再度売り上昇圧力が強まる思惑はあるかもしれません。



タグ:FX
nice!(0) 
共通テーマ:マネー
FX
  • 無料SEO

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。