So-net無料ブログ作成

過去5時間の中に酒田五法で言うところの三川に見える足があります。

昨日のマーケットインはGBP/JPYが0円まで下落し、その後140.38円まで買い戻され、かなり売り時の感がありました。


ひきつづき、一目均衡表のクモを抵抗線に高い水準でもみ合いしていましたが、再びローソク足が陽転したことで、長中期ボックス相場の下値が視野に入ってきます。


日足のローソクチャートから考慮すると、上げが続いてから、大きい陰線の後に小さな陽線が収束するはらみ線で、過去5時間の中に酒田五法で言うところの三川に見える足があります。


SMAから考えてみると明らかな下降相場と見受けられます。


5日平均線が長期移動平均線より上で推移していて、どちらも緩やかな上げ気味です


今までの結果を判断すると、売買するべきか心配になってしまいます


ストキャスで考えると、50%以上の水準で%KがSDを下回る瞬間で、ゴールデンクロスが目前です。


こういうチャートは勢いで売買でいこうと思います。


安値は一目均衡表の厚いクモや20日移動平均が抵抗線として動いています。


昨日のGBP/JPYはそうとう予測ができないので今月は注意が必要な展開になりそうです。



nice!(0) 

やや売られ過ぎでロング有利の感がありました。

朝の取引はオープンから米ドル円相場は92.54円の値をつけており、やや売られ過ぎでロング有利の感がありました。


30分足のローソクチャートから判断すると、激しい下落基調が少し続いてから、陰線が激しい下落基調の中腹くらいまで下落したかぶせ線で、過去5時間以内に酒田五法で言うところの三川のような傾向が見えます。


再びローソク足が陰転したことで支持線を突破するかどうか要注意です。


天井は一目均衡表の基準線や長期移動平均がサポートとして動きました。


移動平均線から考慮するとはっきりと上げ状態と見受けられます。


短期平均が30日平均より下部で維持しており、どちらの平均線も明らかな下落基調です


過去の実績から考慮すると、オーダーするべきかどうか考えてしまいます。


ストキャスで予測すると、売られ過ぎ圏で上昇しているものの、引き続き下限を挑むチャートが高まってくるでしょう。


そのときは勢いでオーダーをして問題ないと思います。


相場のウォッチだけは堅実にやって、FX会社にロスカットされないようにポジションを保ち続けていきます。



nice!(0) 
FX
  • 無料SEO

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。