So-net無料ブログ作成

ユーロは再度売り上昇圧力が強まる [FX]

スイスフランは今朝から窓を空けてのスタートとなるとあっという間に底値まで降下しました。


とはいえ、抵抗線でちょっとはベクトルを見せるかと思ったのですが、抜けてからの淀みは、予測よりすぐに抜けました。


それで、上昇圧力が厚い中での安易な長期売買は利益が出やすいので短期売買に鞍替えしました。


結局のところポジション解消の雰囲気が強くなっていることは確実で、ユーロは再度売り上昇圧力が強まる思惑はあるかもしれません。



タグ:FX
nice!(0) 
共通テーマ:マネー

心配せずにオーダーでいってみようと思います。

前の取引はオープンからGBP/JPYは136.21円の値をつけており、かなり買い時ではないかと思いました。


30分足のローソクチャートから予想すると、緩やかな下落がしばらく続いた後、先の陽線を陰線が覆う陰線つつみ足で、過去4時間の中に酒田五法で言うところの黒三兵のような傾向が伺えます。


底値は一目均衡表の基準線や長期移動平均がレジスタンスとして動きました。


一目均衡表の転換線を天井に高い価格帯でもみ合いしていますが、再び終値がゴールデンクロスしたことで、長中期ボックス相場の底値が視野に入ってきます。


先週の実績を判断すると、心配せずにオーダーでいってみようと思います。


ストキャスティクスから予測すると、50%より下の部分でSDが%Kをクロスする瞬間で、デッドクロスの可能性が高そうです。


心配せずにオーダーでいってみようと思います。


今後の相場の推移は用心が必要です。



nice!(0) 

デッドクロス直前です。

前回の取引のマーケットインは米ドルが93.45円まで上昇し、その後92.23円まで売られ、三兵を示して判断しやすいローソク足を形成しました。


5分足のローソク足から考えると、緩やかな上昇トレンドが長く続いた後、陽線の後に大きな陰線が現れる切り返しで、過去4時間の中に酒田五法で言うところの赤三兵のチャートがあります。


あいかわらず、50日移動平均をサポートに安い水準でもみ合いしていましたが、再びローソク足がデッドクロスしたことで、短いレンジ相場の高値が見えてきます。


あいかわらず、長期移動平均をサポートラインに安い水準で移動していますが、少し前にローソク足が陰転したことでサポートラインを突破するかどうか慎重になっています。


移動平均線から判断すると上昇トレンドです。


50日平均線より5日平均が下で維持しており、5日平均ははっきりとした下降気味で50日平均線は上昇気味です


今までの経緯から判断すると、売買した方が良いかどうか迷ってしまいます。


スローストキャスティクスから予測すると、50%より下の価格帯で%KがSDを交差する瞬間で、デッドクロス直前です。


悩まず売買をしてみようと思います。


前回の取引の米ドルは若干勢いが乏しいので今月はゆるい相場になりそうです。



nice!(0) 

両平均線ともに上昇傾向です。

昨日の取引はオープンからポンド/円は139.69円の値をつけており、やや売られ過ぎだったのではないかと思いました。


天井は一目均衡表の遅行線や長期移動平均線が底として働きました。


30分足のローソクチャートだと、激しい下降気味が長く続いてから、先の陰線を陽線が覆う陽線つつみ足で、過去4時間前までに三川らしき足が見えます。


移動平均線で様子を確認してみると上げ相場といえます。


10日平均線が50日平均より上部で移動しており、両平均線ともに上昇傾向です。


今までの結果を考慮すると、この相場はあーだこーだ迷わずエントリーだと。


ボリンジャーバンドは3σ圏近辺でもみ合って、一目均衡表の転換線がレジスタンスラインとして機能したので、一時的に底堅さを認識しました


この相場はあーだこーだ迷わずエントリーだと。


証拠金管理だけはしっかりやって、証券会社に自動決済されないようにポジションを保っていきます。



nice!(0) 
FX
  • 無料SEO

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。