So-net無料ブログ作成
検索選択

50日平均線は激しい上昇トレンドです。

一昨日のエントリーはポンド円が一時安値135.57円まで下落し、やや売り時な気がしました。


下限は一目均衡表のクモや50日移動平均線がレジスタンスとして動きました。


日足のローソク足から考えてみると、緩やかな下げ気味が長く続いてから、陰線の後で小さい陽線が現れるはらみ線で、過去3時間前までに酒田五法の三空に見えなくもない傾向があります。


移動平均線から考えてみると下降トレンド状況と読めます。


50日平均線より10日平均線が下で維持していて、10日平均線は激しい下落気味で、50日平均線は激しい上昇トレンドです。


先週の結果から考慮すると、そのときはあれこれ考えずエントリーで問題ないだろうと思いました。


スローストキャスから判断すると、50%以下で陰転しているので、陰転して、すぐに出たチャート足の始値がエントリーのタイミングです。


そのときはあれこれ考えずエントリーで問題ないだろうと思いました。


長期移動平均を天井に高い水準で推移していましたが、再び新値足がゴールデンクロスしたことで、長中期ボックス相場の下値が視野に入ってきます。


とりあえずFX会社にロスカットされないように次のタイミングで決済するつもりです。



nice!(0) 

中期レンジ相場の下限が見えてきます。

朝のオープンはポンド円が137.43円まで下落し、その後は139.79円まで買い戻され、多少売られ過ぎだったのではないかと思いました。


日足のローソクチャートから予想すると、緩やかな上昇気味がしばらく続いた後、交互に並ぶ大きい陽線と大きい陰線の安値が揃った毛抜き底で、過去2時間の中に酒田五法の三空踏み上げに見えなくもないひげが見えます。


底値は一目均衡表の薄いクモや短期移動平均線が天井として働いています。


ひきつづき、20日移動平均をレジスタンスに天井圏でもみ合いしていましたが、ローソク足がゴールデンクロスしたことで、中期レンジ相場の下限が見えてきます。


取引の経験から思うと、今回は反射的にエントリーをしてみようと思います。


ボリンジャーバンドはセンターバンド近辺でもみ合って、一目均衡表の転換線が天井として推移したので、一時的に上値の重さを確認しました


今回は反射的にエントリーをしてみようと思います。


今後のチャートの動きは注目です。



nice!(0) 

多少売られ過ぎではないかと思いました。

前回の取引のエントリーはポンド円が一時高値134.34円まで上昇し、多少売られ過ぎではないかと思いました。


ひきつづき、一目均衡表の基準線を底に底値圏で推移していましたが、値足がデッドクロスしたことで、短いBOX相場の高値が見えてきます。


ローソク足がデッドクロスしたことでサポートを上回るかどうか注目されます。


単移動平均で兆候を見てみるとはっきりと下降相場です。


短期移動平均線が50日平均線より下部で推移しており、短期移動平均線ははっきりとした下降トレンド、50日平均線は明らかな上げ気味です。


今までの経緯を判断すると、売買するべきかどうか迷いどころです。


ボリンジャーバンドは-2σ圏で推移し、50日移動平均線がサポートラインとして移動したので、上値が重いチャートを確認できたと思います。


勢いで売買で問題ないだろうと思います。


前回の取引のポンド円は予測ができないので今週は厳しい相場になりそうです。



nice!(0) 
FX
  • 無料SEO

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。