So-net無料ブログ作成
検索選択

取引すべきかどうか悩みどころです。

前回の取引のエントリーは米ドルが一時安値82.211円まで下落し、宵の明星を示して予測しづらいチャートを形成しました。


再び終値が陽転したことで、短期ボックス相場の下限が見えてきます。


下値は一目均衡表の転換線や20日移動平均線が抵抗線として動きました。


移動平均線から考慮してみると緩やかな下降状況と見受けられます。


短期平均線が長期平均線より上で推移しており、短期平均線は激しい上げ気味で、長期平均線は緩やかな下落気味です。


今までの結果を判断すると、取引すべきかどうか悩みどころです。


ボリンジャーバンドは-1σ圏近辺でもみ合って、一目均衡表の厚いクモが抵抗線として機能したので、一時的に底堅さを認識できました。


こういうチャートは反射的に取引をして問題ないだろうと。


無理に高値を意識して、含み損になるようなポジションにだけはならないように注意したいと思います。


【iPhone+FX】 テクニカルチャート機能が優れているiPhoneアプリ
【FX iPhone】外出先でも高機能取引アプリでFX取引
http://xn--fx-ig4aiz7xph.net/


nice!(0) 

nice! 0

FX
  • 無料SEO

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。